Monday, June 22, 2015

flat

アトリエが借りられるかも、大きなスペースで展示できるかも、などいろいろあり、なんだかふわーとしていていかん。気をしっかりもたないと。それもこれも全て友人のおかげなのです。ありがたい。先輩画家の言っていたように、一喜一憂せず、どんなときも、たいらにたいらに、いきたいものです。

No comments:

Post a Comment