Saturday, October 22, 2016

finger

岩絵具の使い方を学びに、日本画教室にいきました。なんと指を使って、絵具を膠とまぜていた。目には見えないザラザラの違いも、指では感じられるのが不思議。薄い墨で先に影をつけて、顔料、水干、岩絵の具と、何層にも塗り重ねていって完成。たのしい。洞窟の壁画にも膠が使われていたんだそう。


ついでに近くの岡本太郎記念館に寄る。アトリエ天井高くていいな。太陽の塔のイメージのもとになった生命の樹があったり、顔のついた椅子があったり、やっぱり、芸術は爆発だー!といいたくなるようなところでした。

No comments:

Post a Comment